1月27日『越境ECを成功に導く「共創」という考え方』中小機構販路開拓支援アドバイザー@森戸 裕一氏

JAPANブランドの価値が理解されている今、専門家を交えながら越境ECを行うことは決して難しいことではない。ECでこそできる手軽さと訴求力がある。

みやぎECの山内です。2016年初の勉強会は「アジア輸出講座」に続き、中小企業基盤整備機構とのコラボで実現した「越境EC講座」。中国への輸出を中心に「越境EC」の現状と今後の可能性をお話しいただきました。どういう商品が市場で求められているのか、越境ECは敷居が本当に低いのか?JAPANブランドの本当の認知度は?我々の商品は受け入れられる可能性があるのか?様々な観点から、中国との越境ECに詳しい森戸氏より的確な分析をお聞かせいただき、今まで靄がかかっていたような「越境EC」のイメージが少しづつクリアになってきました。みやぎEC&中小企業基盤整備機構とのコラボということで一般参加者も多く、有意義な会になりました。今後みやぎも、この越境ECに対して積極的にアプローチする会社が増えてくるでしょう。今年中に、また越境EC講座をじっくりやりましょう!

2016年1月27日(水) 20:00〜20:50

 

「越境ECを成功に導く「共創」という考え方」

 

越境EC元年といわれた2015年

日本にいながら海外へネット経由で商品を売るヒトが増えてきました。しかしながら、まだまだ成功している方は多くありません。

越境ECについては各企業手探りという状態。そのようなかで成功のヒントとなりそうなのが「共創」という考え方。これから海外へ販路拡大をしていきたい方必見です。

 

<場 所>東京エレクトロンホールみやぎ 503会議室
<時 間>2016年1月27日(水)20:00〜20:50(質疑応答別)
<参加費>一般参加も無料

<講 師>中小機構販路開拓支援アドバイザー・一般社団法人日本中小企業情報化支援協議会 事務局長 森戸 裕一氏

<講師プロフィール>

森戸 裕一

中小機構販路開拓支援アドバイザー

一般社団法人日本中小企業情報化支援協議会 事務局長

 

 

2002年に創業し全国の中小・中堅企業を中心に人材採用、人材育成、情報化支援などの経営支援に関わる。特に中小・中堅企業の売上拡大につながる情報化戦略を、ITが不得意な経営者や管理職の方々にもわかりやすく説明することに関しては、突出したノウハウを持つ。全国に展開している経営者セミナーに関しては、創業以来1500回を超える講演実績を持ち、その受講者は3万人を超えている。